役員委員長挨拶


 

会長挨拶 飯塚 憲貴

 

この度、2020-21年度の東京臨海西ロータリークラブの会長を仰せつかりました、 飯塚憲貴と申します。経営者になって、そしてロータリアンになって5年が過ぎました。当時はまさか私のような者がロータリークラブの会長を務めるとは夢にも思いませんでした。このように経営者として、そして人間として、まだまだ未熟な点も多く、会員の皆様にはご迷惑をおかけすることもあると思います。

しかし、 東京臨海西ロータリークラブのチャーターメンバー、そして2代目の会長を務めるからには、会員全員が「ロータリークラブに入会してよかった」と思ってもらえるように、私のできることでお役に立っていきたいと思います。

さて、皆さんご存知のように、当クラブは本年度で3年目を迎えます。まだまだ基盤を作る時期です。まずは、ロータリークラブの基礎的な知識を身に付ける、会員同士の信頼関係の構築、そして一緒に成長したい経営者の仲間を増やすことを目指します。それにより、5年後10年後の当クラブの未来は明るいものになり、これからのロータリークラブを引っ張っていく存在になり得ると強く思っております。

精一杯全力で邁進してまいりますので、この1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2020-2021年度会長

飯塚憲貴


副会長挨拶 西野  充英

この度、東京臨海西ロータリークラブの副会長を務めさせて頂くことになりました。

前年度、幹事の経験を活かし、当クラブの二代目会長である飯塚会長の補佐をさせていただきます。
また、クラブ奉仕委員長としてクラブ運営にも携わり、“みんなが例会で会いたくなるクラブ”を目指しこの一年、精一杯努力してまいります。

三年目の今年は、更なる地域社会への奉仕を加速するとともに、会員相互の研鑽ができる環境を整備いたします。
会員の皆様には、ご指導とご協力を賜ります様心からお願いするとともに、副会長就任のご挨拶とさせて頂きます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。


幹事挨拶 大星 太郎

幹事を拝命しました大星太郎と申します。

ロータリー歴1年半ということもあり、経験不足は否めませんが、当クラブの発展に貢献できるよう精進していく所存です。

飯塚会長は、今年度は、「信頼関係を構築し奉仕の機会を増やす」という目標を掲げています。

幹事として飯塚会長を支え、円滑な会の運営をサポートすることはもちろんですが、自分自身、この重責を担わせていただける貴重な機会を生かして、仲間であるクラブ会員とより深い信頼関係を構築し、クラブへの奉仕、地域社会への貢献の機会を増やしていけることを楽しみにしています。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。